操作不可能の場合

生活からスマホを瞬時も切り離せないなら

もしスマホがなければ、生活やビジネスに少なからずダメージがあるなら、多少の破損でも迷わず新機種を購入しましょう。
保証期間も残っていて、購入費用より修理費用がわずかでも新規購入をしましょう。
今使っているスマホが使いやすく、手放したくない場合は同じ機種の中古を選べば問題ありません。
同じ端末機種があれば中のSimカードを入れ替えることだけで、以前と同じように利用できます。
ガラケーからスマホに変わって生活の変化を感じている方は少なくないと思われます。
道具の進化は使う者の生活を激変させます。
古いスマホを大切に使うのも、もったいない精神からすれば大切なことです。
同じものを長く大切に使うことも重要な事ですが、今から未来に生きる人にとっては新しいことを追いかけることも重要です。
経済的に許されるのなら、やはり新しいを追いかけることは生活に変化を与えてくれます。

スマホ購入金額と信用失墜、どちらが大切?

わずかな金額を惜しんでスマホが無くて連絡が取れなくなることが生活に大きな影響を与える時代です。
今の時代、スマホでの連絡待ちは長くとも1時間です。
例えば、昼にメールが来て夜に返信しているようでは信用を失います。
色んな事情で長文なり、内容によっては確認をしなければならない事もあるかもしれません。
そんな際でも「後で連絡します。」程度の簡単な返信をしなければ信頼されません。
スマホを持った時点から、固定電話なら「出かけてて、出られなかったの。」と居留守を使える時代とは違います。
居留守は使えません。
トイレで「急用中」でも相手にはわかりません。
受け取った側の状況はメールを送ってきた相手にはわかりません。
多少の情状酌量は相手にもあるでしょうが、前述の通りMAX60分が限界です。
「スマホが壊れてたの。」は言い訳にしかとられない時代になりました。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る