操作可能な破損の場合

修理は、費用と貴重な時間を費やします

修理に出したほうが良い場合は、購入してからあまり時間が経っていない事。
スマホは常に進化しているので、あまり昔に購入したものだと店舗に部品が無いなどという理由ですぐに修理できないケースがあります。
保証期間が残っていること。
修理費用が多くとも購入費用半分以下であること。
修理のための部品がそろっていて、修理時間が長くとも数時間以下であること。
修理期間中、スマホがなくとも生活に大きな支障がないこと。
つまり保証期間が残っている程度に購入時期が新しく、持ち込んだ修理店舗に壊れた箇所の替え部品が整っていて、数時間で修理でき万が一修理のためにスマホを数日預けても生活の影響のない方は、修理するほうがお得ということです。

スマホ生活を一瞬も切れない方

修理には前述の通り、すべての条件が整えば金銭的にも時間的にもあまり負荷はかかりません。
仕事で常にスマホを利用している方にとっては、修理のための時間ロスがビジネスに少なからず影響を及ぼす場合もあるでしょう。
そうならないためにも修理費用より多少購入費用が高くついたとしても、新規に購入したほうがビジネスの損得も含めれば、良いかもしれません。
新規スマホを購入しても以前のデータも保存できますし、何より最新機種を持っている安心感もあるでしょう。
新たなスマホを持てば、最新ソフトも利用できます。
新たなスマホ、それに付随する最新ソフトは新たなビジネスのヒントも与えてくれるかもしれません。
それ程スマホは常に進化しています。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る